40歳のあごのニキビの原因とは

ニキビと言うと、おでこや頬、鼻などにできるイメージがありますが、40歳以降の大人が悩むニキビは、あごにできることが多く、治りにくくて、繰り返したり、いくつもできたりすることが特徴です。

 

あごだけでなく、フェイスラインや首筋にできることもあり、吹き出物、と呼ばれることもあります。

 

40歳以降のあごのニキビの原因とは、皮脂を過剰に分泌させたり、体内の水分量を少なくする働きがある黄体ホルモンの働きが活発になることで、皮脂が多いのに乾燥しているニキビができやすい状態を作り出します。

 

更年期にさしかかるため
ホルモンバランスの乱れがあると、黄体ホルモンの働きがさらに皮脂を分泌させ、肌を乾燥させる方向に導いてしまうことがあり、吹き出物が出やすくなるのです。

 

あごは、皮脂腺が多いためべたつきやすく、乾燥しやすい部分で、ホルモンバランスの乱れに加えて、不規則な生活や乱れた食生活、ストレスなどの影響を受けてあごのニキビができやすい部分なので、いったん出始めると、ホルモンバランスの乱れが収束するまでの間に、ニキビが繰り返して出たり、いくつも出たりしてしまうというわけです。あごは、ターンオーバーが比較的遅いため、古い角質がなかなかはがれ落ちないため、ニキビが悪化しやすい傾向があることも、40歳代のあごニキビの原因のひとつです。

 

40歳のあごのニキビを治すには

40歳でできるあごのニキビは、合わない化粧品や間違ったスキンケアが影響している場合もありますが、一番大きな原因がホルモンバランスの乱れです。
女性ホルモンはだいたい30代をピークに減少してしまい、それと同時に肌の状態も徐々に衰えてきます。

 

女性ホルモンには、肌を美しくするエストロゲンにと男性ホルモンの働きを抑えるプロゲステロンがあります。この2つのバランスが崩れたり、分泌が少なくなったりすると、体内に存在する男性ホルモンが優位に働いて、あごなどのUゾーンにニキビができやすくなります。

 

40歳のあごのニキビを治すには、まずはホルモンバランスを整えることが大切です。

 

具体的なホルモンバランスを整える方法とは、ストレスを解消して体をゆっくり休めることになり、心身がリラックスしてくるとホルモン分泌が促進されてきます。好きな映画を見たり、ウォーキングやスポーツで体を動かした後は、ぬるめのお風呂にのんびり浸かって疲労を解消します。そして、多くのホルモンは寝ている間に分泌されるので、適度な睡眠をとることも必要です。

 

そして、減少してしまったエストロゲンを増やしていくこともポイントになります。

 

栄養不足になると自律神経のバランスを崩してしまうこともあるので、無理なダイエットはエストロゲンが減少する原因にもなります。栄養をしっかり摂って、ホルモンバランスを整えるのに効果的な大豆食品やプラセンタを摂取するのもおすすめです。

 

 

体を温めることも大切で、腹巻などでおなかや腰回りを温めて、冷えやすい足先は靴下の重ね履きをしましょう。
夏でも冷房で冷えてしまうことがあるので、ひざ掛けなどを利用して冷え対策をします。
冷え性は40歳のあごのニキビにとっては大きな問題です。