あごのニキビでも40歳のケアには特徴があります

40歳以降の大人が悩むニキビは、あごにできることが多く、

  • 治りにくい
  • 繰り返す
  • いくつもできる

ことが特徴です。

 

 

あごだけでなく、フェイスラインや首筋にできることもあり、
吹き出物と呼ぶことが多いのです。

 

 

ニキビと言うと、おでこや頬、鼻などにできるイメージがありますが、
40歳はあごからのUゾーンがメインになります。

 

大きく考える40歳以降あごのニキビの原因

皮脂を過剰に分泌させたり、体内の水分量を少なくする働きがある黄体ホルモンの働きが活発になることで、
皮脂が多いのに乾燥しているニキビができやすい状態を作り出します。

 

更年期も原因

ホルモンバランスの乱れがあると、黄体ホルモンの働きがさらに皮脂を分泌させ、
肌を乾燥させる方向に導いてしまうことがあり、吹き出物が出やすくなるのです。

 

 

あごは、皮脂腺が多いためべたつきやすく、乾燥しやすい部分で、ホルモンバランスの乱れに加えて、不規則な生活や乱れた食生活、ストレスなどの影響を受けてあごのニキビができやすい部分なので、いったん出始めると、ホルモンバランスの乱れが収束するまでの間に、ニキビが繰り返して出たり、いくつも出たりしてしまうというわけです。

 

ターンオーバーも深く関連

あごは、ターンオーバーが比較的遅いため、古い角質がなかなかはがれ落ちないため、
ニキビが悪化しやすい傾向があることも、40歳代のあごニキビの原因のひとつです。

 

個別に説明〜40歳あごのニキビ(白、赤、黄色、紫)の原因

40代のニキビは、あごに出来る事が多いのですが
これは、女性ホルモンが減り、男性ホルモンが多くなってくる事から、あご周りに出来やすくなるのです。
男性化の一環とも言えます。

 

中には、あご周りにヒゲの様な太い毛が生えてくる方もいます。
また、40代のあごのにきびには、色々な種類があります。

 

 

40代あごの白にきび原因

皮脂が溜まって出来る事が原因です。
脂っこい物ばかり食べたり、お菓子などを取り過ぎると出来やすいです。
世代に関係なく生理前にホルモンバランスが狂うことで大量発生することもあります。

 

40代あごの赤にきび原因

アクネ菌や雑菌などが元に炎症を起こしてしまった状態です。
40代では睡眠不足による免疫力の低下、肌バリヤ機能の低下も直接的な原因と言われます。

 

下手に触ってしまうとにきび跡が残るので、潰したりしないで薬を塗りましょう。

 

40代あごの黄色にきび原因

赤にきびの炎症が進行〜悪化し、膿をもった状態です。

 

40代あごの紫にきび原因

黄色にきびが更に炎症を起こし、膿や血液が溜まった状態です。
自然治癒は望めませんので、直ぐに皮膚科を受診しましょう。
クレーター状の痕が残る可能性も大きいので慎重に治療スべき状態です。

 

 

 

にきびは、皮膚病の一種です。
潰したりせずに直ぐに皮膚科を受診する事で、にきび跡を残さずにキレイに改善する事が出来るでしょう。

 

にきび跡が出来ると改善するのは、相当困難です。
にきび跡を作りたくなければ、皮膚科を受診する事をおススメします。

 

40歳のあごのニキビを早く治すには?

40歳でできるあごのニキビは、合わない化粧品や間違ったスキンケアが影響している場合もありますが、一番大きな原因がホルモンバランスの乱れです。
女性ホルモンはだいたい30代をピークに減少してしまい、それと同時に肌の状態も徐々に衰えてきます。

 

女性ホルモンには、肌を美しくするエストロゲンにと男性ホルモンの働きを抑えるプロゲステロンがあります。

 

この2つのバランスが崩れたり、分泌が少なくなったりすると、体内に存在する男性ホルモンが優位に働いて、あごなどのUゾーンにニキビができやすくなります。

 

 

40歳のあごのニキビを治すには、まずはホルモンバランスを整えることが大切です。

 

ホルモンバランスを整える方法

ストレスを解消して体をゆっくり休めることになり、心身がリラックスしてくるとホルモン分泌が促進されてきます。

 

日常生活では
好きな映画を見たり、ウォーキングやスポーツで体を動かした後は、ぬるめのお風呂にのんびり浸かって疲労を解消します。
そして、多くのホルモンは寝ている間に分泌されるので、適度な睡眠をとることも必要です。

 

そして、減少してしまったエストロゲンを増やしていくこともポイントになります。

 

栄養不足になると自律神経のバランスを崩してしまうこともあるので、無理なダイエットはエストロゲンが減少する原因にもなります。

 

栄養をしっかり摂って、ホルモンバランスを整えるのに効果的な大豆食品やプラセンタを摂取するのもおすすめです。

 

 

体を温めることも大切で、腹巻などでおなかや腰回りを温めて、冷えやすい足先は靴下の重ね履きをしましょう。
夏でも冷房で冷えてしまうことがあるので、ひざ掛けなどを利用して冷え対策をします。

 

冷え性は40歳のあごのニキビにとっては大きな問題です。

 

40歳あごのニキビを対策〜8つの注意点

40歳のあごのニキビをケアしていく上で注意すべき点があります。

 

あごのニキビを防ぐ紫外線対策

あごは紫外線にさらされやすい部分でありながら、対策を忘れがちな部分です。
外出する際にはあごや首にも日焼け止めクリームを塗って、数時間ごとに塗り直すようにしましょう。

 

あごのニキビの時の安心メイク方法

赤く腫れをともない、触れると痛いので、メイクが負担になる場合もあります。
そんなときには、肌のトーンを整えながらにきびを優しくカバーするBBクリームやCCクリームを賢く使うのがおすすめです。

 

あごのニキビに良い睡眠

ホルモンバランスの乱れの原因のひとつに睡眠不足があるので、良質な睡眠を取ることはとても重要です。
人間は夜寝ている間に日中受けたダメージを回復し、細胞を再生しています。
この再生力がもっとも高まるのが22時から2時の間です。
この時間に就寝しているのが理想的ですが、難しい場合は規則正しい睡眠時間を心掛けて、ぐっすり眠れるように就寝前にストレッチをするなどして良質な睡眠を取るようにしましょう。

 

あごのニキビに良い食べ物

外食やコンビニなどの加工食品ばかり摂っていると皮脂が詰まりやすくなります。
たんぱく質が豊富な赤身の肉・魚、大豆製品の他、ビタミン類が多く摂れる緑黄色野菜、海藻に含まれるミネラルなど、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

あごのニキビに悪い食べ物

にきびができている間は、甘い食べ物や炭水化物、揚げ物などは皮脂の分泌を促進させるので控えるようにしましょう。
キムチなどの刺激物も炎症の悪化につながるため、避けたほうがよいでしょう。

 

あごのニキビ用リンパマッサージ法

あご周りのリンパの流れを促進して老廃物が流れやすくなるとにきびの改善につながります。
あごの中心から耳の下のリンパ節へ向かってマッサージし、耳下から今度は鎖骨のリンパ節に向かってマッサージするとリンパの流れが良くなります。
お風呂上がりに美容液やクリームを付けるときの習慣にすると良いでしょう。

 

ホルモンバランスを整える方法

あごにきびの原因はホルモンバランスの乱れと乾燥です。
ホルモンバランスの乱れはストレスや生活習慣の乱れが原因なので、まずは、食生活などの生活習慣を見直す必要があります。
生活習慣の乱れは努力でどうにかなっても、対人関係などのストレスを軽減するのはなかなか難しいものです。

 

ストレスを軽減して女性ホルモンを整える方法

ローズオイルなどのアロマセラピーを日常に取り入れると良いでしょう。
ローズのバスソルトを使ってゆっくり入浴すると、ストレスも軽減されホルモンバランスを整える効果が期待できます。
ストレスを溜めこまないことが大切なので、その日のストレスはその日のうちに解消することを心がけましょう。

コルチゾールを意識して40代あごのにきびが繰り返す原因をやっつける!

40代のあごのにきびはなかなか治りにくく、繰り返します。その繰り返す原因とはどこにあるのでしょう。

 

 コルチゾールと言う副腎皮質ホルモンがあります。

 

これはストレス分泌されやすくなるホルモンです。

 

このコルチゾールとは、外的要因から自らを守ろうとするホルモンではありますが、増えすぎると炎症を引き起こします。

 

そしてこのコルチゾールは、不眠やうつも引き起こすので、早めに対処した方がよいでしょう。
またこのコルチゾールは太りやすくもなります。

 

このコルチゾールですが、血糖値や血圧を調整したり、糖代謝にも大いにかかわり、そして起床前に大量に分泌されるなど、ストレスが発生したときに、分泌されるためにストレスホルモンと呼ばれます。

 

ではコルチゾールを下げる方法とは何があるのでしょう。

 

それは一番にはもちろん、ストレスを感じないことですが、現代に生きる我々が、ストレスを感じない方法などなかなか見つかりにくいかもしれません。
それではまずビタミンC を取ることを心がけましょう。

 

 

朝一番にビタミンCを取ることは美肌の秘訣です。

 

女優さんも多く、朝ビタミンCを取るようにしている方が多いようです。

 

そして青魚を食べ、日光を浴びるようにしましょう。またハーブティーを飲むことも有効です。

 

<あごのニキビ40歳・概要>

ニキビには、大きく二つの種類があります。若い頃に出来る思春期ニキビと大人になってから出来る大人ニキビ(吹き出物)です。思春期にきびは、皮脂が活発に分泌する事から発生するニキビで、大人になるに従って無くなります。一方の大人にきびは、ストレスや食生活の乱れ、運動不足や寝不足、女性ホルモンの乱れなどが原因で発生します。若い頃のニキビは、自然と治るのとは正反対に大人ニキビはニキビの原因が改善しない限り、治りません。最近の女性は、会社などでも地位のあるポジションに就く事も多く、男性同様のストレスを抱える方も多いです。また、夜遅くまでの残業や仕事上のお酒のお付き合いなどで食生活も乱れ、睡眠不足に陥る事もあります。
ストレスや乱れた食生活、睡眠不足は、女性ホルモンの乱れにも繋がります。女性モルモンが乱れるとあご周りになどにニキビが出来るのです。特に40代になると仕事でも責任ある仕事を任される様になり、ストレスは今まで以上に発生します。それに加えて、更年期障害の症状が出始め、女性ホルモンは大きく乱れる傾向にあるのです。女性ホルモンが大きく乱れるとにきび以外にも、イライラや火照りなど色々な症状が表れます。40代は、女性にとって精神的にも肉体的にも非常に大変な年代なのかもしれません。40代のあごのにきびは、いわゆる大人のにきびと言われるもので、思春期のにきびと違い、主な原因はホルモンバランスの乱れと乾燥です。ホルモンバランスの乱れは、対人関係などのストレスや環境の変化、睡眠不足、疲労、食生活の乱れなどが原因で起こります。女性ホルモンのバランスが乱れると、黄体ホルモンというホルモンが多く分泌されます。黄体ホルモンは男性ホルモンと似た作用がある為、皮脂の分泌を活性化させます。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴がつまり、にきびの原因となるのです。女性ホルモンバランスを整えるには、ストレスを軽減し、生活習慣を改善する必要があります。40代のあごのにきびの原因のひとつが乾燥です。あごは皮脂線が多く、少し皮脂の分泌が増えただけですぐに毛穴詰まりを起こしてにきびになってしまいます。乾燥しやすく肌のターンオーバーが遅いので、一度できるとなかなか治らないという特徴があります。
また、あごは紫外線にさらされやすい部分であり、紫外線の刺激がにきびの原因になっている場合もあります。